- 毒物は怖いだけじゃない、キャラも可愛いだけじゃない。

くられ&姫川たけお

毒物ずかん

キュートであぶない毒キャラの世界へ

 

A5/160頁
ISBN-10:9784759819625

2018年6月10日 化学同人より発刊
定価1400円(税抜)

 

 

有毒元素から、鉱毒、生物毒、化学兵器、麻薬、そして最強の毒まで、毒を擬人化したオリジナル毒キャラたちが紹介します。毒性や由来、摂取したときの症状など、気になるポイントの解説もあります。さらに、女子中学生が毒の世界に迷い込み、さまざまな毒キャラと出会いながらさまようマンガもあり、楽しみながら毒について知りたいことがわかります。なんといってもキャラクターのキュートさ・クールさは絶品です!(出版社公式ページより引用)

解説

本書はタイトルに「ずかん」とあるように毒物を図解する本ですが、図が「毒物擬人化キャラクターのイラストと漫画」であるというのがポイントになっております。
30種の毒物もといキャラクターを、分類に応じたテーマに沿って擬人化しています。全体として小さく単純な分子ほど幼く、大きな分子ほど大人っぽいキャラクター、という体系を整えています。性別は化学的には分けていませんが、物性に基づくデザインが馴染むほうを選択しています。さらに、キャラクター自身が各2頁の漫画で毒物の特徴を解説してくれるので、立ち絵があるだけでなくキャラクターが動いて話す様子も楽しめます。

一酸化炭素(2章より)

アコニチン(3章より)

目次

1章◯妖精の谷(有毒元素)

水銀

ヒ素

タリウム

カドミウム

ポロニウム

物質の最小構成単位である元素を、2~3頭身ほどの小さな妖精としてデザインしています。さらに、各キャラは小さな屋敷に住んでいるという設定を設けており、屋敷の名前から毒物の特性を伺うこともできます。

2章◯ドクドク工業地帯(低分子毒)

シアン化カリウム

一酸化炭素

硫化水素

塩化水素

二原子分子から成る毒ガスの章です。化学工場を学校に見立て、いたずらっ子小学生のキャラをデザインしています。物性に基づくイメージカラーも考えてみました。

3章◯蟲毒の森(生物毒)

アコニチン

アトロピン

アミグダリン

アニサチン

テトロドトキシン

イボテン酸

アフラトキシン

ヒスタミン

一般的な擬人化らしいキャラデザのカテゴリです。保有生物の特徴や分子の炭素骨格をデザインに組み入れています。小さい分子ほど子供っぽいキャラになっています。

4章◯煙の城下町(化学兵器)

CSガス

サリン

マスタードガス

軍用の化学物質ということで、武装したキャラのカテゴリです。一般的には男性の衣装である軍服を敢えて女の子に着せています。

5章◯赤の女王の城(麻薬)

メタンフェタミン

MDMA

LSD

脱法ハーブ

ヘロイン

法規制されているような麻薬を悪の組織に見立ててデザインしているカテゴリです。麻薬に特有である精神作用や俗称などをキャラデザに組み入れています。

6章◯魔物たちの天空(高分子毒)

リシン

ファシキュリン

カリブドトキシン

マイトトキシン

ボツリヌストキシン

大きく複雑な構造を持つ分子を、難解で奇怪なモンスターに擬人化しています。タンパク質に分類される毒物のうちαヘリックス構造を持つキャラには螺旋、βストランド構造を持つキャラには矢印の意匠を組み入れています。